スノードロップカフェにようこそ!


<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧



今年の新入りちゃん

先日伺った矢津田義則さんの個展

今年はこの子を連れて帰りました。

d0168553_10105981.jpg



口のところが蒼い釉薬が掛かっているので、直接口をつけてもあたりが柔らかです。

早速札幌で仕入れたこちらでコーンスープを作っていれてみました。

d0168553_1011167.jpg



牛乳と生クリームをちょっとくわえるだけでとっても簡単にコーンスープが出来るのです。なぜか近くのクィーンズではカボチャ版は売っているのですがトウモロコシ版は売っておらず007.gif

なので札幌に行った折に買いだめして帰ってきます。
d0168553_1011160.jpg


簡単コーンスープでも凄〜く手が込んでいる風に見えるのは器のおかげ

そして今の時期は自家製のこちらを入れる丼として…

d0168553_1011286.jpg


この時期、必ず冷蔵庫に常備してある自家製イクラの醤油漬けをのせてミニ丼にして。娘たちはご飯の時に一口ちょっと食べる〜と言ってこの器で2〜3回おかわりしてますって、それ一口って言わないんですけどぅ


でも、秋は食欲のシーズン、一番ブレーキかからないのはワタシかもです(汗)


<今日のお菓子>

次女のリクエストにより、桃のシャルロット作りました。

mahoさんのところ←クリックをどーぞ! のパティスリー初級で習って以来作っている我が家の定番です。

d0168553_1011314.jpg


d0168553_1011490.jpg

[PR]
by snowdropcafe | 2013-10-08 09:41


秋の栗仕事

毎年、栗の出回る季節になると作ってみたいと思いながら、作らずに時が過ぎていましたが…

今年は思いきって初挑戦してみました




「栗の渋皮煮」デス

まずは栗の皮を剥き、重曹を入れた鍋で茹でこぼす作業を3回ほどします。

d0168553_1033242.jpg



その間、丁寧に渋皮の周りについているスジなどを取り除くのですが、以外と栗はすぐに柔らかくなってしまうので、渋皮を破かないようにそっと作業を進めます。

栗が柔らかくなり、周りも綺麗になってしっかり渋みが抜けたら砂糖を2〜3回に分けて投入、徐々に甘さを含ませていきます。

出来上がりはこちら

d0168553_1033291.jpg



ちょっと煮詰め過ぎの感がありますが、初挑戦に免じてご勘弁を…

出来上がりを早速試食。せっかくなのでお抹茶を点てて頂きました。

d0168553_1033369.jpg


栗は正木春蔵さんの小皿に、茶碗は秋らしい柄の清水焼です。

作ってみて、あれこれ反省点や改善点があったので、栗の出回る時期の間にまた作ってみたいと思っています。あと何回作れるかな?



オマケ


渋皮煮をつくる過程でどうしても割れてしまって渋皮煮にはなれない栗が発生します。それはそれで集めて栗ご飯にします。といっても沢山できるわけではないので、お弁当の分だけ。

秋の栗ご飯弁当に割れ栗は変身します??

d0168553_1033421.jpg

[PR]
by snowdropcafe | 2013-10-01 09:41

    

手芸好き、料理好き、イギリス好き主婦の生活日記、のんびり更新中…
by snowdropcafe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のトラックバック
テーブルウェアフェスティ..
from mahoのテーブルから
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
今年も食べました
at 2016-01-09 20:23
あっという間に20年
at 2016-01-07 23:17
あけましておめでとうございます
at 2016-01-04 16:38
小豆のケーキと渋皮煮
at 2014-10-01 12:14
そうだ、京都へ行こう!
at 2014-06-04 10:24
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧